Menu

再生事業

Home
  • 事業内容

再生事業

再生事業

不動産再生の手段として、「リノベーション」「コンバージョン」をご提案します。
リノベーションやコンバージョンは、改修であり、用途変更であるため、既存のストックを再利用することが可能です。
「スクラップ&ビルド」方式とは違い、その建物が新築時に所持していた機能や価値に近づけることを目的とします。
(※大規模なリノベーションや類似用途以外へのコンバージョンの場合は、建築確認申請が必要になるケースもあります。)
こちらのページではリノベーション・コンバーションのメリット・デメリットも併せてご紹介いたします。

リノベーション

リノベーションとは、既存の建物に改修工事を加え、性能や価値を高める不動産再生手法です。
建物の経年により、劣化した設備、性能、間取り等を時代の求めるニーズに合わせるように向上させます。
また、建築時点で遵法性の観点から不適格とされる部分を変更し、法に適合させることも可能となります。
安全性確保、耐久性向上、耐震性確保、省エネ化、間取り変更、意匠変更、冷暖房設備更新、給排水設備更新等がその具体例です。
リノベーションイメージ01 リノベーションイメージ02 リノベーションイメージ03
※写真はリノベーションイメージです。

コンバージョン

コンバージョンとは、稼働率の低下したオフィスビルを居住用に変更する等、これまでの用途を変更することでその性能や価値を高める不動産再生手法です。
既存オフィスビルでは稼働率の低下に伴い賃料の下落が続く一方で、住居については都心回帰の傾向がある場合に、条件が合えば、 オフィスビルから住居ビルに用途変更することで、収益性の改善に繋がることがあります。
用途変更により誕生する住居は、中古マンションとも一味違った個性的な物件になることが多く、再生手法として注目されています。
リノベーション・コンバージョンのメリット
リノベーション・コンバージョンのデメリット